スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
家族のいえづくり。
夏の始めから、とんとんと進んできた、いえづくり。
ここで、一息いれ、少しゆっくり進んでいくことになりました。
わたしは、気分が乗ってきてかなり楽しんでいたところだったので、正直残念に思いました。

でも、吉川さんに色々相談出来るし、ま、これもそういう時間なんだな、と思うようにしました。

DSC04573.jpg

うちの長男もこんなに立派になり、私たち家族になくてはならない存在に。(写真は次女が撮影したもの)

わたしがこの土地に嫁いてきて、7年目。その時から夫の両親の家の隣に住んでいます。塀を隔てたとなりに賃貸の一軒家が偶然あって。それから娘達を出産し、成長する過程でもたくさん夫の両親に支えられてきました。そして、今、いえづくりを通じて、なんだか色んな意味で本当に家族になれた気がします。
八百屋にいるときは、義母と決まってNHKの連ドラを二人椅子に並んで座って見ています。
今日もそうでした。一緒に笑ったり、日常の話をしたり。そんな時間が心地いいんです。義母は常に前向き!見習わなくては、と思う事が多々あるし、娘達の役員を迷っているとき、背中を押してくれたのも義母でした。大変だけど、友達もたくさんできるし、楽しい事もたくさんあるよ、と。
夫の両親は色んな事に気を使ってくれていると感じますが、これから先も、新しくなる同じ屋根の下で楽しく過ごしていきたいなと思っています。
いえづくりは、完全に吉川さんにお任せしているので、安心です♪
娘達もすっかり吉川さんになついて?しまってちょっと暴走しちゃってるのが申し訳ないですが(汗)。

そんなわけで、いえづくり、ゆっくり進んでいきます。
スポンサーサイト
|ひとりごと | comment(4) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。